ハロウイーンパーティ

September 24, 2018

 

こども会のようなサークルで、今年もハロウイーンパーティをやろうということになった。

パーティと言っても子どもたちだけコスプレさせて、持ち寄りの料理を皆でつつこうというラフなものだ。

 

ハロウイーンはクリスマスに迫る勢いで定着しつつあって、年に一度堂々とコスプレできる。

しかも日頃は市販のお菓子なんて買わない家の子にとって、添加物の塊を解禁される”おいしいイベント”に違いないはずだ。

 

なのに、うちの子にとっては心曇らせるイベントのようで、理由は二つ。

まず、お化けやゾンビ、ジャック・オー・ランタンなんかの怖ーい魔物が主役なので、とにかくハロウイーンの全部が怖い。行きたくない!全然楽しくない!早く帰りたーい!らしい。

 

それともう一つは、コスプレが嫌い!メークも嫌!目立つの大嫌い!なのだ。

しかし、全くの普段着だと逆に目立つよ、黒づくめの魔法使いが一番無難で目立たないと思うよ。とアドバイスして渋々納得させた。

 

納得はさせたけど少しでも楽しんでほしいなという親心で、苦手な洋裁をするために壊れていたミシンを何とか直し、買っておいた黒い服に少々アレンジを施した。

 

魔法使いのコスチュームに戸惑いを隠せない様子だった子を、なんとか着替えさせてパーティへ。

日頃の内向性を知っている仲間達は、「わあー!いいね!」「すごい似合ってる!」などと口々にはやし立てて励ましてくれた。それを聞いて、「これ全部おかあさんの手作り!!!」と自慢げにしている。

 

あれ?さっきの困惑顔はテレ隠し?全部は作ってないんだけど実は嬉しかったの?

信じられないまま、いやこれねよく見たらすごく雑なのよーと、こっちもテレ隠しに必死になった。

 

一日の出来事を振り返って話す定番の浴育タイム。

「今日ね、魔法使いの格好していったらぜったい皆から「いいねっ」て言われて注目されると思ったから、これおかあさんが全部作ったって言って、注目をおかあさんに行くようにしたら、やっぱりそうなった!」と…。

 

ほおおお、そんな要領までつかんだんだ!

感心すると同時に、どこまでもシャイ路線を進む子も、そのうち心からハロウイーンを楽しめますように…ビビディ・バビディ・ブー!

 

 

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

November 10, 2018

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Clean
  • LinkedIn Clean
  • Google+ Clean

© 2023 by Ground Floor. Proudly created with Wix.com